なが田カガリペット肖像画

黒い犬の描き方~愛犬が黒い犬なのですが、黒い犬って描くのが難しいですか?

こんにちは(^^♪

神奈川県川崎市の磁器絵付け教室
アトリエセランなが田カガリです。

ワンちゃんが大好きな方、
絵を描くのが好きな方、

リアルな犬の絵を描いてみませんか?

 

色鉛筆や水彩画ではなく
ちょっと特別な感じのする
磁器に絵付けする技法での
リアルな犬の描きかたを
こちらでお披露目しています。

磁器に絵付けするのが初めての方も
是非、ご覧ください。

 

この記事を書いている私は
・絵付け歴25年
・ポーセラーツ認定講師
・彩色チャイナペインティング本部講師
・ペット肖像画作家

で、年間15枚ほどの
ペット肖像画のオーダー制作を
している人です

それではさっそく本題に入りましょう。

 

愛犬が黒い犬なのですが、黒い犬って描くのが難しいですか?

黒い犬の描き方
黒ポメシンバくん

 

愛犬を描いてみたい。
でもうちの子真っ黒で…

黒い犬ってどうやって描いたらいいの?
だれか教えて!

 

ぼっくん

黒い犬を描きたいけど、描き方がわからないんです。

 

わかります。
黒い犬ってちょっと描くのが
難しそうですよね。

でも思ったよりは難しくない、
少なくとも、
白い犬よりは簡単だと思います。

 

今回は黒い犬の描き方がわからないと言う方に
普段私がどんなことに気をつけているかを
お伝えしながらコツなども合わせて
お話しますね。

 

私は普段は磁器にペット肖像画を描いていますが、
この記事はポーセラーツや
ポーセリンペインティングを楽しんでいる方だけでなく
色鉛筆や鉛筆画の方にも
参考になる記事かと思います。

 

そのほか、アクリル絵の具で描きたい方や
ポーセリンペインティングに挑戦したい方は

*合わせて読みたい*

 

 

こちらの記事がお役に立てると思います。
よろしければこちらも
ご覧になってみてくださいね。

 

黒い犬の描き方がわからない

 

 

先日レッスンをしているときに
生徒様がおっしゃったのですよ。

 

生徒さん

うちの子、黒いワンちゃんなので
どうやって描いていいかわからないんです。
黒い絵の具だけしか使わないで描くんですか?


ああーわかる!
確かに黒いワンちゃんて、どうやって描いていいか
悩みますよねー。

 

写真を撮るとなんだか
黒い毛糸玉みたいなところに
目だけがキョロっとした感じだったりするし、
何をどうやったら
変化が出るのかわからないですよね。

黒い犬だからと
黒い色鉛筆や絵の具だけ使っていたら
意外にちゃんと描けないんです。

 

では、どんな風に描くのがベストでしょうか?

 

同じく黒い犬で
アメリカンコッカ―スパニエルのクッキー君を
描いたときの記事もございます。

こちらも動画で、特に描き始めのところを
動画でご覧いただけます。

よろしければ

 

*合わせて読みたい*

 

 

こちらもご覧いただけると
お役に立てると思います。

 

黒い犬を描くのは難しい。オーダー制作依頼はいつもドキドキです

 

私はオーダーでお客様の大切なペットを
お皿や磁器に描いていますが

黒いワンちゃんのオーダーが入ると
正直『きゃーどうしよう』
って思います。

 

『へー カガリさんでもそんな風に思うんだね』

そう言う声が聞こえてきそうですが
やっぱり焦ります。

 

なにしろ毎日見ているわが子ではないので
いただくお写真だけが頼りの状況で
描いていくわけなので。

 

なので、事前に送っていただいたお写真を見て
先ずは一番明るいところと
一番暗いところの差をチェックします。

 

黒い犬の描き方~描く前に準備することは?

 

 

黒い犬を描く時に、
もしも一度で描ける自信がなかったら?

そんな時、
私は心配な時にはまず
一度練習します。

 

オーダー制作でもレッスンでもそうなんですが
ほぼ毎回
初めて描く子ばっかりなので
いきなりお皿に描くのが不安だったりします。

 

練習すると気を付ける点や
わからないことなどがクリアになるので
飼い主様に特徴を詳しく伺ったり

ネットで似ている子を探して
不明な点を調べたりして
本番への自信につながるからです。

 

 

黒い犬と言えば。例えばこちらの黒ポメのシンバくん。

 

今回は昨年オーダー制作させていただいた
黒ポメのシンバ君をモデルにお話しします。

この子を描かせていただくことになった時
内心焦りまくりでした。

 

本当に漆黒のツヤツヤのポメちゃんで
加齢によるわずかな白い毛が
お口の周りにあるだけなんですよ。

 

 

黒い犬を描くときの私の練習方法は?

黒い犬の描き方
黒ポメシンバくん

 

なのでまずは色鉛筆で練習しました。
色鉛筆で描くのには理由があって

 

色鉛筆で練習をする理由は
  • 色味を考えることができる。
  • 描いていて難しいところや注意して描くところなど予め理解する。
  • その後のデザインするときに使える。
  • 1回描いておくと不安が減ります。
ここがポイント!

 

 

という感じでいきなり本番でお皿に描くのは
誰でも不安でしかないですけど

ハードルの低い色鉛筆画なら
気軽に練習できますね。

黒いワンちゃんの場合は
鉛筆で描くのも良いと思います。
気に入らないところを
消しゴムで消して修正できるし、
練り消しゴムで色を抜くこともできます。

 

シンバ君を描く時の色の強弱のポイント

なが田カガリペット肖像画
シンバ君黒い犬の描き方

 

シンバ君のお写真を見て、
どこが一番色が濃いと思いますか?
また、どこが一番明るいと感じますか?

今回は顔だけを描くので
足や胴体は無視して大丈夫です。

 

この中で一番色が強いのは
目の周り、向かって左側の口の周り、
向かって左側の耳の毛も
かなり黒く見えますね

 

と言うことは、
ここが一番濃い色を入れる部分です。

逆に目の周りの濃いところには
明るく反射している部分もあります。

 

写真をよく見て
色の濃さを調節してみてください。
そこに気を付けるだけで
案外うまく描けますよ。

鼻や目の描きかたは今回は特に
説明は省略しますが、
立体的に見えるように描くのには
影の入り方がとても大切なポイントです。

 

犬の目と鼻の描きかたについては
miroomという動画レッスンサイトで
かなり詳しく説明させていただいております。

キチンと理論から説明しているので
多分とても理解しやすいと思います。

 

気になる方は
miroom動画レッスン
ご覧いただけると幸いです。

ご登録の際に招待コード

せーたん

ペット

と入れていただくと
14日間の無料視聴と
500ポイントが特典としてプレゼントされます。

ぜひ、ご覧になってみてください。

miroomへのご登録はこちらのバナーをクリックしてくださいね。

miroom動画レッスン

 

ではこのあとは
絵の具を使って描く方法を
少し動画などもご覧いただきながら
説明したいと思います。

 

 

黒い犬の描き方~いよいよ本番。磁器タイルに絵付けします。

黒い犬の描き方
黒ポメシンバくん

 

で、ですね。
いよいよ本番でお皿に描き始めます。



シンバ君動画

 

動画をご覧いただくとお分かりになると思いますが
黒い絵の具だけ使っているわけではないですね。

厳密にいうと『黒い絵の具』
でもないのです。

 

 

 黒い犬の描き方~ポイントはグレースケール

 

 

【グレースケール】という言葉を
聞いたことはありますか?

絵を描いたりデザイン画を描くときや
最近ではスマホで色を選択するときにも
出てきたりするので

一度は聞いたことや目にしたことがある
ワードかもしれませんね。

 

グレーを中心に明るい色や暗い色を
段階的に表している色のサンプルなのですが

 

簡単に言うと黒から白になる

グラデーションです。

 

このグレースケールを参考にしながら
次に描く部分の色を作ったりします。
普段はほとんど感覚で描いてしまいますけど。

 

黒い犬の描き方
黒ポメシンバくん

 

シンバ君の場合は大きく4段階くらいに
色のトーンを分けました。

さらに、少し赤味を入れたり
青みを入れたりして
4段階の色のトーンに変化を持たせています。

 

絵の具は黒も使っていますが
グレーを3色くらい使い分けています。

そしてグレーの中にネイビー系や
ブラウンを入れてもいます。

実は結構複雑な色味を出しながら
描きすすめています。

 

黒い犬だけじゃない。お皿に描くときに覚えていて欲しい大切なことは?

miroom案内画像
犬の描き方

 

注意したいのは

 

絵付けの場合は一番明るいところは
白磁の白を活かすということ。
全部に色を塗らなくても
一番明るい部分はあえて色を入れないんです。

 

ここは特に覚えていてほしいところです。
シンバ君を描く際にも
もっとも明るいところには
あまり色を入れていません。

 

なるべく白磁の白を活かしながら
ほんの少し色を置いている感じにしています。

写真で見ていただくと口の周りがそうですね。

 

黒い犬の描き方
黒ポメシンバくん

 

上が絵付け作品で下がオリジナル写真です。

口の周り、鼻の穴の下の光っているところ
そう言うところはなるべく元の白い色を
残しながら描いています。

そうすることでその部分に
光が当たっていると感じさせてくれます。

 

そう言った陰影や
形の取り間違いがないかなどは

こんな風に写真と比べながら
少しずつ訂正しながら描いていきます。

 

思い込みで描いてしまうと
段々写真と違う風になってしまうことがあるので
みなさんが描く時にも
しっかりと写真で確認しながら描いてくださいね。

 

黒い犬の描きかた~黒い犬を描くってやっぱり悩ましい。

 

それでもどうしても
上手くいかない時ってあるんですよね。

 

実は私、この時ちょっと
気に入らなかったんです。

どこが?と聞かれても
自分でもわからないくらいの違和感というか。

 

普段、私は結構タッチが男性的というか、
勢いを大切にした描きかたをするのですが、
タッチに勢いがあり過ぎて
シンバ君の色の深みがまだ
出し切れていないと感じました。

 

それから、毛のふわふわな質感も
もう一息、なにか足りないと思って。

 

それでもう一枚描いたんです。

黒い犬の描き方
黒ポメシンバくん

 

 

ところが、

最後に入れたお名前が下になり過ぎてしまって。

フレームに入れたらお名前が
そっくり隠れちゃったんです

 

それで結局、初めに描いた方のシンバ君を
加筆修正しました。

 

黒い犬の描き方
黒ポメシンバくん

2枚描いてみて、
毛の質感や濡れたような艶は
2枚目の方が上手く表現できたと思うのですが、

シンバ君の生命感や元気さは
1枚目の方がある気がして。

 

命を描くって、こういうところを
大切にしたいと思うので、結局
1枚目に描いた方を使うことにしました。

 

黒い犬の描き方~終わり良ければすべてよし

 

黒い犬の描き方

 

仕上がったシンバ君は
最初の作品の方が元気があって
結局良かったかなって思います。

 

ご依頼主様には
2枚ともお渡ししました。

もちろん、
1枚はプレゼントです。

 

 

黒い犬の描き方~まとめ

 

今回は黒い犬の描きかたを
昨年オーダー制作させていただいた
シンバ君をモデルにして
説明をさせていただきました。

 

シンバ君を描いたときのポイントは

  • 事前に色鉛筆や鉛筆で練習する
  • 一番明るいところと一番暗いところを意識する
  • 絵の具で描く時は黒だけではなく、グレーも3色くらいは使う
  • グレースケールを考えながら明るさを4段階に分ける
  • 分けた色の中にさらに青みや赤味などを加えていく

 

こんな感じです。

真っ黒なワンちゃんでも
光とグレーのグラデーションを意識すれば
ちゃんと描くことができますよ。

 

というわけで、
お悩みの解決に近づくことはできたでしょうか?

絵を描く上で出てくる疑問やお悩みについては
少しずつ私のわかることを記事にしたいと思います。

 

同じく黒い犬で
アメリカンコッカ―スパニエルのクッキー君を
描いたときの記事もございます。

こちらも動画で、特に描き始めのところを
動画でご覧いただけます。

よろしければ

 

*合わせて読みたい*

こちらもご覧いただけると
お役に立てると思います。

 

黒くない愛犬を描いてみたいかたへ

動画で詳しく描き方をデモンストレーションしています。

 

miroom動画レッスン
画像をクリックするとサイトへジャンプします

 

良かったら実際の動画を見ながらレッスンできる
miroomへご訪問ください。

ご登録の際には招待コード

 

せーたん

ペット

 

と入力してくださいね。

サイト内で材料を買える
お得な特典がプレゼントされますよ。

 

と、その前に
miroomでどんな動画が見られるのを
先に知ってからじゃないとね。

と言う方に

miroomの動画レッスンでは
どんなレッスンが見られるのか

記事にまとめていますので
こちらをご覧ください。

 

*合わせて読みたい*

 

皆さまが黒い犬を描く際に
少しでもお役に立てたらうれしいです。

ではまた~

 

またねー